アイセイニュース

2021年08月20日

光って汚れが見えるネコ型カラコンケース「キャッツアイセイケース」試作開発品のモニター協力者を募集

株式会社アイセイ(本社:大阪市東淀川区 代表取締役社長:五島良平)は、9/10のコンタクトレンズの日に向けた、正しい使い方の啓発活動の一環として、「キャッツアイセイケース」試作開発品のモニター協力者を募集します。

発端は「第12回販促会議コンペ」のグランプリ受賞

宣伝会議様主催の第12回販促会議コンペで、アイセイはカラコン利用者の正しい使い方啓発促進に役立てようと「カラコンを正しく使うことが、むしろ楽しく思えるアイデア」というテーマでエントリー。このテーマに対して、カラコンの汚れが光って見えるネコ型ケースというアイデアで応えて、提案応募されたのが「キャッツアイセイケース」でした。

その発想の斬新さは、アイセイだけでなくコンペ全体での最終審査員たちにも高く評価され、見事、全6,014アイデアの中からグランプリに選出されました。

「キャッツアセイケース」グランプリ受賞の様子<宣伝会議様 AdverTimesより>。
https://www.advertimes.com/20200911/article323164/

商品化に向けた開発は、思わぬ壁で難航

グランプリ獲得後、提案者の藤巻さん・菅原さんと協議を重ね、アイデアの商品化を目指して研究開発に着手。アイデアの提案企画書では、デザインに対するリアリティも高かったこともあり、当初順調にすすむかと思われました。しかし、いざ市販品として発売可能なレベルで開発作業を進めると、様々な課題がでてきたのです。その中には、レンズ使用時の汚れをブラックライトの光で浮かびあがらせるという現象が、ケア用品メーカーの人工再現環境では上手に再現されないケースがある、という、アイデアの根幹にかかわるものもありました。このままでは、研究開発そのものが進まなくなる可能性があったのです。

具体化のための課題検証として、試作品モニターへの協力者を募集

そこで、視点を少し変えて、具体化への一歩として商品化のための開発過程への協力者を募ることにしました。
実際にカラコンと共にキャッツアセイケースの試作品を2週間ほど利用してもらい、日々の状況を記録。その様子を踏まえた上で、実用化にあたってのアイデア検証や、利用上の課題を見つけ、製品化への足掛かりとする、「試作開発品モニター」の位置づけで、10名の希望者を募集します。

モニター協力者には謝礼として「クオカードペイ」を進呈。販促会議コンペ・グランプリアイデアの製品化に向けた開発過程を一緒に経験できる、またとない機会です。ぜひ、一緒にワクワクしながら楽しんで取り組んでいただければと思います。

試作品開発モニター 応募概要

□キャッツアイセイケース 開発モニター募集ページ
https://www.aiseis.jp/news/cats_aisei_case/
・募集窓口 上記ページから直接応募 
・募集人数 10名
・応募締切 2021/9/10迄
・モニター謝礼 クオカードペイ3,000円分
・モニターさまへの依頼事項

【お問合せ先】
社名 : 株式会社アイセイ
所在地: 〒533-0033 大阪市東淀川区東中島 1-19-4 ルーシッドスクエア 4F
電話番号:06-6327-3790
代表:五島良平
担当:川部篤史
HP:http://www.aiseis.jp
E-mail:support@aiseis.jp