アイセイニュース

2022年2月21日

【クローズアップ】アイセイ★ノベルティはこうやってできています!

■アイセイ名物ノベルティ「卓上カレンダー」が完成
アイセイカレンダー

アイセイのカレンダー2022年度版が完成いたしました。
当社で制作しているカレンダーは、いつもご協力いただいている得意先様に向け、日頃の感謝も込めてお渡ししているノベルティであり、2022年度版はエコロジー要素も取り入れた最新バージョンを制作いたしました。
カレンダーができるまでの過程を今回は担当者インタビューも含めご紹介いたします。

■背景・経緯
2015年以降より卓上カレンダーの制作と配布を実施していました。
制作当初は、カレンダー以外にも様々なノベルティを検討していましたが、日頃の感謝も込めつつ、実用性もあり、様々な情報を載せられる今の卓上カレンダーにたどり着きました。
ただ、それだけではなく当社のオリジナリティを出すために、得意先様が必要とされる情報である「コンタクトレンズ業界に特化した要素」を含めることで、一般的なカレンダーとの差別化を図りました。
結果、得意先様より毎年ご好評いただき今に至るまでアイセイらしさを込めたカレンダーの制作と配布を続けることができています。
当社のカレンダー制作担当である阪本氏より、2022年度版制作にあたっての話を伺いました。

■2022年度版カレンダーは必要なのか?
実は当初、カレンダー自体がなくなる可能性がありました。カレンダーではなく他のノベルティで新たな挑戦をしてみるのはどうかとの意見が出たためです。
阪本氏は様々なノベルティで検討を重ねた上で、毎年楽しみにしてくださっている得意先様のことを考え、アイセイカレンダーを続けることを選択しました。
しかし、ただ今まで通りの要素だけで続けるのではなく、アイセイカレンダー自体の存在意義を見つめなおし、新たな付加価値を生み出す必要がありました。
そのため2022年度版カレンダーは、従来通り得意先様にとって必要な情報や欠けてはいけない要素は残しつつ、新たな付加価値の追求を行うこととなりました。
では一体、どのような付加価値を生み出したのでしょうか?

■新しい取り組みについて
2022年度版のカレンダーは2021年度版までのカレンダーの特徴6つに加え、新たな要素として「エコロジー(ecology)」を取り入れました。

【2021年度版までのカレンダーの特徴】
① 使用しやすい卓上型
② 瞳の健康に関する啓発情報の記載
③ 高度管理医療機器等の販売業等に係る継続研修」申し込み時期の記載
※コロナ禍において正確な日付の記載はございませんが、大まかな時期の記載は継続しています。
④ アイセイ商品のご紹介
⑤ 学生休み、季節イベント、○○の日等の記載
⑥ 伝言ページ(写真参考)

【新たに加わった要素】

① FSC認証紙使用
天然林を使用せずに、管理された人口の森林の木より製造した紙を使用しています。
生態系を崩さずに環境汚染から地球を守ることに繋がります。
② バイオマスインキの使用
植物成分を使用したインキで、再生可能な資源である植物成分を原料にしています。
植物を育てる過程で発生するCO2の削減とインクを廃棄するときに発生するCO2を相殺することに繋がります。
③ ペーパーリング
金具やプラスチックではなく紙素材を使用することで、廃棄の際も分別が不要で、自然環境に配慮した素材を使用いたしました。上記のエコ素材化を採用し、持続可能な社会を意識して自然に優しいカレンダーを作成しました。
2022年度版は過去カレンダーよりも、付加価値を高めて、得意先様にお届けできる仕上がりとなりました。

■カレンダー担当者よりカレンダーを使用してくださっている皆様へ
「使ってくださっている皆様へ、ご使用いただき誠にありがとうございます。使ってくださる皆様がどのような気持ちで使用していただいているのか考えながら制作をさせていただきました。今後も喜んでもらえるようなカレンダーの制作を行っていきます」

引き続き当社では、創業理念ある「愛情と誠意」を意識し、様々な提案を通して得意先様と関わっていけるように努めてまいります。